セラミックブラケット矯正

セラミックブラケット矯正について

セラミックブラケットについて矯正治療で最も一般的なのは、歯の表面に金属のブラケットを付けてワイヤーを通す方法です。世界的に長く行われてきた治療法ですから、かなり幅広い症例に有効なのですが、笑顔や会話の際に金属がとても目立つというデメリットがありました。
セラミックブラケットは、金属ではなく白い陶材のセラミックを使った装置ですから目立たず、ストレスなく矯正治療を受けることができます。画像をご覧いただくとわかると思いますが、ずらりと金属が並んでいる場合はどうしてもそこに視線が行ってしまいますが、セラミックの場合は歯に自然となじむためイメージの違和感がありません。歯並びを整えたいけれど、見た目に抵抗があって矯正治療に躊躇を感じていた方に特におすすめできます。

メリット

  • 矯正装置が目立たない
  • 歯の色に近いため、笑顔や会話で周囲に不自然な印象を与えにくく、目立たない矯正治療が可能です。
変化しにくく、汚れにくい素材

セラミックは着色や変色を起こしにくい素材なので、矯正期間中に色の変化で目立つようになることはほとんどありません。また、傷が付きにくいため汚れの付着を防ぐことができ、虫歯リスクも下げることができます。

幅広い症例に適応可能

素材が金属かセラミックかの違いだけでブラケットとワイヤーを使う矯正治療であることは同じですから、適応症例にも違いはなく、幅広い症例に対応できます。より優れた設計がされているため最も効果的で短期間に可能な矯正治療を目立たせずに行うことができます。

金属アレルギーの心配がない安心素材

金属アレルギーの心配がない安心素材セラミックですから、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けることができます。金属アレルギーは口内のピリッとするような異常だとお考えの方が多いのですが、溶けだした金属が全身にかゆみや湿疹などのアレルギー症状を現すこともあります。原因不明のかゆみなどアレルギー症状がある場合には。金属アレルギーの検査を受けてから矯正治療をはじめるようにしましょう。

治療期間が短い

表側矯正以外で目立たない矯正方法には、裏側矯正があります。これは歯の裏側に装置を付けて歯を動かすため、正面からは装置がほとんど見えません。ただし制約があり、表側矯正に比べてどうしても治療期間が長くなってしまいます。表側矯正の場合、メタルブラケットとセラミックブラケットはほぼ変わらない矯正期間で治療が可能で、裏側矯正よりもかなり短い矯正期間で歯並びの改善が望めます。

デメリット

強度がやや劣る

メタルブラケットは金属ですから強度がとても優れており、それに比較するとセラミックブラケットは強度がやや劣ります。

まれに割れが起こる可能性があります

まれですが、セラミックブラケットは割れてしまう可能性があります。ただし、割れるのはかなり強い衝撃を受けた時だけですので、通常のご使用で割れてしまうことはほとんどありません

費用が高額になる

メタルブラケットと比較した場合、セラミックブラケットの費用はやや高額になります。

TEL 045-865-4618 お問い合わせ
一番上に戻る