非抜歯矯正と抜歯矯正

非抜歯矯正について

非抜歯矯正は無条件に良い矯正とは限りません

非抜歯矯正は無条件に良い矯正とは限りません矯正治療の際、抜歯は患者様にとってできれば避けたいものだと思います。また、歯科医師の立場からも健康な歯を1本でも多く残すことは重要ですから、抜歯はできるだけ避けたい治療です。ただし、最近の矯正治療を紹介するサイトでは「歯を抜かない非抜歯矯正が良い矯正治療」としているケースがありますが、これには大きな誤解があります。
無理に非抜歯矯正を行ったことで、後戻りしやすくなる、歯茎が下がって茶色っぽい歯根が見えてしまうなどの問題が起こることはよくあります。
歯を残すことが結局は患者様のためにならないのであれば、無理に非抜歯矯正をおすすめせずに、正確な予想をお伝えした上で理由をきちんとご説明し、抜歯矯正を提案することが専門家としての正しいあり方だと当院では考えています。

歯と顎の関係

歯は歯槽骨という歯を支えるU字型の骨の上に並んでいます。近年、顎が小さくなる傾向が顕著で歯槽骨が小さくなってきているため、スペース不足で歯がきれいに並ばないケースが増えています。抜歯矯正は歯を減らすことで小さなスペースの歯槽骨に歯をきれいに並べる治療法であり、非抜歯矯正は顎や歯槽骨を広げるなどでスペースを作る治療法です。

非抜歯矯正の方法について

非抜歯矯正の方法について歯を抜かないで矯正するためには、「歯並びを外側に拡げる」「奥歯をさらに奥に移動させる」「歯を削って隙間を作る」方法があります。どの方法を用いるとしても、フェイスラインへ影響を与えず、その後のトラブル防止を期待できる範囲で行うため大きなスペースを作れるわけではなく、ほとんどは数ミリ程度が限度です。そのため、非抜歯で無理なく矯正できるケースは本来とても限定されています。
なお、非抜歯矯正の「非抜歯」には、親知らずが含まれません。通常の非抜歯矯正では、親知らずを抜いた上で行う場合がほとんどを占めます。

歯並びを外側に拡げる

歯槽骨のアーチ部分を横に広げてスペースを作ります。数ミリ程度の空間を作るだけですから、フェイスラインやエラなどに影響を与えることはありません。

奥歯をさらに奥に移動させる

奥歯を後ろに下げることでスペースを作ります。非抜歯矯正ですが、親知らずはほとんどの場合抜歯します。

歯を削って隙間を作る

エナメル質の表面だけをごくわずかに薄く削っていくことでスペースを作ります。1本に0.3mm削った場合、10本で3mmのスペースを作り出すことができます。削った部分は虫歯予防のためにフッ素コートを行います。

非抜歯矯正のメリットとデメリット

メリット
  • 健康な歯を抜かなくてよい(天然歯を残すことが可能)
    ※ただし、一般歯科診療における「できるだけ抜かない」治療とは意味合いが異なります。
デメリット
  • 精密な検査とシミュレーションを行った上でないと後戻りしやすく、再矯正が必要になることもある
  • 歯茎への負担が大きくなるため、歯茎が痩せて歯根の茶色っぽい部分が出てきてしまうことがある
  • 限度を超えて無理に行うと横顔やフェイスラインが膨らむ、噛み合わせが乱れるなどの問題につながる可能性があります
TEL 045-865-4618 お問い合わせ
一番上に戻る