よくある質問

よくある質問

矯正治療をはじめるタイミングを教えてください

矯正治療をはじめるタイミングを教えてください小児矯正では症例や成長度合いなどにより最適なタイミングが異なります。早めの治療が必要な場合でも小学校に入る前にご相談いただけたらほとんどのケースで最適なタイミングに間に合いますので、就学前に一度ご相談いただくことをおすすめしています。
成人矯正の場合には、特に適したタイミングはなく、いつでも可能です。受験や就職、結婚など、治療を終えたい時期を目標にする場合には、最低でも2年以上前にご相談いただくことをおすすめします。

成人矯正に年齢制限はありあすか?

年齢が若ければ歯が動きやすい傾向がありますが、健康な歯と歯茎であれば何歳でも矯正治療を受けることができます。虫歯や歯周病がある場合には、それをしっかり治療してから矯正治療を受けることになります。

治療期間はどのくらいですか?

一般的に、歯をご希望の位置に動かすまでに約2年、きれいな歯並びになったらそれを安定させるために同じくらいの期間がかかります。安定させるための期間では、途中から装置の装着が夜間のみになります。
小児矯正で顎の成長をコントロールする場合には、1~3年かかります。これにより本格矯正が必要なくなる場合もありますし、ほとんどのケースで本格矯正の期間を短縮できます。

痛みはありますか?

当院では超弾性型ワイヤーを用いるなど、できるだけ痛みや不快感を抑えた治療を行っています。装置をはじめて付けた時、そして調整を行った際には歯が圧力を受けて浮いたような感じが起こります。また、硬いものを噛みにくく感じる場合もあります。痛みは個人差が大きいのですが、痛みを感じる方もいらっしゃいます。ただし、痛みがあった場合にも、数日で慣れて不快感が少なくなっていく場合がほとんどです。

食事がしにくくなるのではと不安です

基本的に普段通りの食事が可能ですが、粘着性の高いガムやキャラメル、硬い煎餅などは装置にダメージを与える可能性があるため、ご注意ください。また、装置の一部に着色が起こる可能性がありますので、色の濃い飲食物を口にしたらできるだけ早くすすいでください。矯正治療中は装置に食べ物が挟まりやすいため、歯磨きなどのケアもていねいに行うようにしてください。

抜歯は必要ですか?

治療前の歯並びや噛み合わせ、ご希望になる治療のゴールによって抜歯の必要性が変わってきます。顎が小さくて歯がきれいに並びきれず、非抜歯では不十分な結果にしかならない場合には抜歯をご提案しています。その際にも理由をわかりやすくお伝えしますし、抜歯の有無を決めるのはあくまでも患者様です。

矯正治療で歯並びを整えたら、生涯それを保てますか?

矯正治療で歯を動かすだけでは歯が骨の中で安定していないため、安定させる保定期間の治療をしっかり受けないと歯並びは再び乱れてしまいます。安定した後も、口周辺の筋肉や舌など軟組織のバランスや加齢による変化、虫歯や歯周病などの影響により歯の位置が動く可能性があります。しっかりケアしてできるだけ長く良い状態をキープするために、定期的に検診やプロフェッショナルクリーニングを受けてきちんとメンテナンスしていきましょう。

矯正治療は保険適用されますか?

一般的に矯正治療は保険適用されず、自費診療になります。ただし、唇顎口蓋裂などの先天性疾患による不正咬合の治療や、顎の骨を切る外科手術をともなう矯正治療など、保険適用になるケースもあります。

よくある質問~小児矯正編~

小児矯正に最適なスタートは何歳ですか?

小児矯正に最適なスタートは何歳ですか?理想的なタイミングは不正咬合の種類や程度によって異なり、反対咬合(受け口)は4歳くらい、その他の場合には5~7歳のスタートが目安です。特に歯並びに問題がない場合も、6歳程度で1度ご相談いただければ最適なタイミングをお伝えできます

治療期間がどのくらいで、何歳くらいで終わりますか?

小児矯正ではご本人のやる気でも治療期間が左右されます。最適なタイミングで治療をスタートして、ドクターの指示通り治療を進めることができた場合、バランスの良い歯並びは3~5年で実現できます。また、口周辺やフェイスラインもすっきり整い、噛む機能も改善されます。さらに、健康リスクの高い口呼吸があった場合、それも鼻呼吸に誘導できます。

装置による痛みはありますか?

小児矯正の治療はお身体に負担が少なく、痛みも成人矯正に比べて格段に抑えられますので、強い痛みはありません。痛みは個人差がとても大きい感覚ですので痛くないと言い切ることはできませんが、装着や調整の直後には圧迫されるような軽い痛みがある場合も、数日で治まっていきます。

装置を着けていると歯磨きの磨き残しで虫歯になるのではと心配です

当院では、小児矯正治療中に使用するために開発された専用の歯ブラシを使ったケア方法をわかりやすくお伝えしています。装置の接着剤にはフッ素が含まれているため、しっかりケアして定期的に通院いただければ虫歯を防ぐことができます。

装置によって食事や会話などに不自由はありませんが?

はじめて装着した場合には多少の違和感があって食事や会話がしにくいケースもありますが、一般的に数日で慣れて普通に日常生活を送ることができるようになります。

成人矯正のような後戻りはありますか?

顎の成長をコントロールする治療ですから、調和して正常な状態にできれば後戻りをすることはありません。適切なメンテナンスを行って、健康な口内を長く保っていきましょう。

TEL 045-865-4618 お問い合わせ
一番上に戻る