部分矯正

部分矯正とは

部分矯正とは治したい部分だけを矯正する治療法です。一般的な矯正治療では歯並び全体を対象にしますが、部分矯正は一部分だけを対象にするため、治療期間や費用を抑えることができます。ただし、部分矯正では矯正できないケースもあります。

部分矯正の特徴

1. 治療期間が短い

歯列全体を動かすわけではなく、部分的に矯正しますので治療期間が短くなります。

2. 費用が抑えられる

1本から数本を治すだけですから、治療費を抑えることができます。

3. 気になる部分だけ、ピンポイントに治せる

前歯が少しだけ重なっている、隙間があるなど、目立っていて気になっている部分だけを治せます。

部分矯正では難しいケースもあります

部分矯正は限られた症例でしか可能ではないため、患者様に適しているかについては、初診無料相談の際に検査や診断の上、わかりやすくご説明しています。

1. 適応症例が限られている

何本もの歯を大きく動かす必要がある場合にはできません。また、隙間がある症例に関しては、ある程度まで部分矯正で動かし、残った隙間を歯科用プラスチックやセラミックなどできれいに整える必要が生じるケースもあります。

2. 全体的な噛み合わせ改善は不可能

部分的な矯正治療ですから、全体の噛み合わせを改善することはできません。問題のない噛み合わせであり、影響を与えず問題なく治せる範囲でのみ治療が可能になります。

部分矯正と一般的な矯正歯科治療(全体の歯列矯正)との違い

部分矯正 前歯の6本に装置を付ける
費用 10~40万円
全体矯正 全部の歯に装置を付ける
費用 60~100万円

部分矯正はリーズナブルですから多くの方がご希望になりますが、部分矯正では歯並びを整えることができないケースも多いのです。
矯正治療には「治療」という言葉が入っているように、見た目を整えるだけでなく、きちんと噛むことができる機能を整えることも不可欠な要素です。
口内を健康な状態に整えてあげることで、全身の健康や病気予防の効果が得られます。

機能が整うことが見た目の美しさにもつながりますし、その後のさまざまなトラブルを未然に防ぐことにもなります。
無理に部分矯正を行うことで一時的に見た目の整った口元を実現できても、本来の重要な機能を失ってしまわないようにするためには、部分矯正が適しているかどうかを正確に見極めてもらうことが必要なのです。

部分矯正と審美歯科との違い

「短時間・低価格で歯並びを整える」として審美歯科が紹介されることがありますが、審美歯科と部分矯正は全く異なります。その違いをしっかり理解した上で、ご自分に合った方法を選ぶことが重要です。

部分矯正

装置 前歯の6本に装着
費用 10~40万円(前歯の6本分までとして)
治療期間 6か月~1年
治療内容 歯を動かして歯並びを整える
歯を削ることはほとんどない

審美歯科

装置 使用しない
費用 1本あたり5~15万円
治療期間 1回(通院は2~3回)
治療内容 被せ物の人工歯などで歯並びを整える
歯を削る必要があるケースが多い

審美歯科は1本のみを対象とするためリーズナブルに見えますが、症例によっては複数の歯の治療が必要になり、かえって高額になるケースもありますのでご注意ください。

TEL 045-865-4618 お問い合わせ
一番上に戻る