ブラケットワイヤー矯正

表側(ワイヤー)矯正とは

表側(ワイヤー)矯正とは歯の表面にブラケットという装置を特殊な接着剤で装着し、そこにワイヤーを通して歯を少しずつ動かしていく矯正方法です。最も古くから一般的に行われてきた矯正方法ですから、これまで蓄積されてきた膨大な症例があるため幅広いケースで歯列矯正可能です。

表側(ワイヤー)矯正の特徴

メリット

  • 世界的に長く行われてきて実績のある矯正法なので、幅広い症例で適切な矯正治療が可能
  • 24時間、歯を動かす力はしっかり働くため、治療期間が比較的短い

デメリット

  • 金属のブラケットやワイヤーを使った場合、装置がかなり目立つ
  • 特にはじめて装着した時には、会話や食事、発音がしにくい
  • 装置があるため歯の磨き残しができやすく、虫歯や歯周病リスクが高くなる
  • 装置が歯面より出ているため、粘膜を傷付けることがある
  • 装置が外れるトラブルが起こる可能性がある
  • 金属アレルギーの場合、使用できない装置がある

ワイヤー矯正装置の種類と特徴

表側(ワイヤー)矯正では、金属製のメタルブラケットと、透明感のある素材で作られたクリアブラケットがあります。

メタルブラケット

矯正治療で一番多く用いられてきたもので、金属製のブラケットを歯の表面に付けて歯を動かします。金属なので目立つという問題はありますが、薄くて丈夫に作ることができ、他の装置よりも比較的価格を抑えることができます。治療費や通院回数を減らしたい、矯正期間を短くしたい、見た目にはそれほどこだわらないという方におすすめできます。

メリット
  • ほとんどすべての症例で治療が可能です
  • 治療費が比較的安価で、治療期間や通院回数も抑えることができます
デメリット
  • 装置が金属なので目立ちます
  • 金属アレルギーがある場合は使えません
  • ワイヤーやゴムなどにより、違和感や不快感につながることもあります
  • 強い力をかけると粘膜を傷付けやすく、口内炎リスクもあります
  • 慣れるまで食事や会話、歯磨きがしにくいことがあります

クリアブラケット

クリアブラケット歯の表面に付けるブラケットが透明な素材で作られているため、歯の色調にかかわらず装着が目立ちにくくなります。また、日本人に合わせた設計ですから痛みの軽減やスムーズな移動なども可能になっています。

メリット
  • 透明なので目立ちにくい
  • 歯が移動する際の痛みを軽減する設計がされている
  • ブラケットとワイヤーの摩擦を軽減し、スムーズな歯の移動が可能
  • 治療期間はメタルブラケットよりも短くできる
  • 歯や顎が欧米人より小さい日本人に合わせてあるので、無理のない治療が可能
デメリット
  • 変色する可能性がある
  • メタルブラケットに比べると強度がやや劣り、費用もやや高額になる
TEL 045-865-4618 お問い合わせ
一番上に戻る